リクシルJF-45NからマルチピュアCB6PBに交換+比較試飲

我が家も入居から1年近く経ちまして、ビルトイン浄水器のカートリッジ交換サインが出ました。

本日は、この浄水カートリッジ交換の様子をご紹介します💁🏻

リクシル ナビッシュ 交換サイン
JF-NA411S

リクシルからマルチピュアへ

我が家の水栓はリクシルの浄水器ビルトイン型タッチレス水栓ナビッシュのA10タイプを採用しています。

ナビッシュ サイト引用
右側のA10タイプのシルバーです。

家の水栓はシルバーですが最近ではブラックも発売されているのですね👀

かっこいいです💯ブラックにしたかった😅

このタッチレス水栓はセンサーの反応も良く使い勝手もとてもいいです。

上部のタッチレスセンサーに手をかざして操作することはもちろん、蛇口先端の水の出口付近にも自動センサーがついているため手や洗い物を水が出るところに持っていくと水が出る機能もついています😌

賃貸に住んでいたときは捻るタイプ一般的な水栓でしたので、使い始めたときはあまりの便利さに感動したのを思い出しました😁

新築や水栓を交換する際は絶対タッチレスの水栓をお勧めします💁🏻


今日は水栓の話ではありませんでしたね😅

それで、当然ですがリクシルの水栓なので浄水カートリッジもリクシル製のものがついております。

交換時期を迎え初めはそのままリクシル純正カートリッジのJF-45Nを購入して交換しようと思っていたのですが、ネットを調べてみたらびっくり😳

思っていたより高かったんですよね😅
それでいて使用期間は1年とのことで毎年交換が必要となる仕様。

こうなると毎年それなりの出費があるなと思いまして、すぐさまGoogle先生の検索窓で互換品は無いかなと調べたところ今回購入したマルチピュア「CB6PB」を見つけるに至りました💁🏻

他には良さそうな互換品が見つけられなかったので、現在互換商品をとなるとこのマルチピュア「CB6PB」しか選択肢が無いような感じです。

マルチピュアという会社名は今回初めて聞いたので、信頼できるメーカーなのか更に調べてみたところこちらのマルチピュアという会社、浄水器専門メーカーで世界80カ国で販売している実績のあるメーカーでした😌

マルチピュアのホームページでは水の中の不純物を取り除く性能が「世界最高の除去性能」と謳われていますので、浄水能力には相当な自信があるメーカーのようです。

マルチピュア浄水器公式サイト | マルチピュアジャパン株式会社
浄水器品質No.1のマルチピュア。世界80国以上で販売・愛用されるマルチピュア浄水器はお水を井戸水の様な美味しい水にします。家庭用・業務用ともに充実のラインナップ。無料お試しキャンペーン実施中!

更に、今回購入した互換カートリッジ「CB6PB」についても調べたところ、、、

マルチピュア CB6PB 商品説明 サイト引用
マルチピュア公式サイトより

交換までは最長2年で、除去項目は98項目とのこと😳

リクシルのカートリッジが1年交換で19項目除去ですから数字だけみれば圧倒的にマルチピュアのカートリッジの方が良さそうだなと思いました💯

値段はリクシルのものより少し高いのですが、
買って試してみる価値はあるかなと思い今回購入に踏み切りました💁🏻

折角なので検証してみます

今回は今までとは違うカートリッジを使うことになったので、検証用にペットボトルを綺麗に洗い、それぞれ3種類の水をしばらく保管してみることにしました。

空のペットボトル 洗浄前
同じ空のペットボトルを3つ用意
泡キッチンブリーチ
99.9%除菌の泡ブリーチを使用して
空のペットボトル 洗浄中
ペットボトルを洗浄します!

この用意したペットボトルにそれぞれ「水道水」「リクシル浄水」「マルチピュア浄水」を入れしばらく保管してみようという実験です💁🏻

私の予想としましては、浄水カートリッジは塩素も取り除きますのでリクシルとマルチピュアで浄水した水よりも水道水の方が長持ちするはずです。

その上でカートリッジの性能が表記通りであれば、不純物除去項目が多いマルチピュアの方が除去項目の少ないリクシルよりも長持ちするはずです。

なのでリクシル → マルチピュア → 水道水の順で水がダメになっていくと予想しているのですが、いかがでしょうか?😅

ただですねこちらを書きながら思ったのですが水がダメになったのって見た目で分かるのでしょうか?👀

もうこの時点で用意してしまったので、経過を見守りますが何も変化が無ければ結果を報告しようがないですね😅

その時は見た目じゃ分からなかったんだなと察してください💦

さてさて、検証の事前準備を終えたので事項では早速カートリッジを交換していきます😁

カートリッジ交換(はたしてシンク下におさまる?)

さて、交換作業に入って行きます😁
ここからは写真多めで解説します📷

浄水カートリッジ JF-45N 取り付け状態
こんな感じでJF-45Nがついていました。
キッチン 止水栓 開いた状態
赤い管と青い管に白い止水栓がついてます。
キッチン 止水栓 閉めた状態
止水栓を廻して水とお湯の元栓を閉めます
浄水カートリッジ 取り外し後
元栓をちゃんと閉めたらIN/OUT両方のクイックジョイントを外します。この時少し水が垂れますのでタオルを用意しとくといいと思います。
浄水カートリッジ 取り付け 接写
INとOUTを取り違えないように良く注意して付けましょう。付けたら再度確認!
マルチピュア CB6PB 取り付け後
クイックジョイントがあればすぐに交換できます。ほんと一瞬です😊

交換前に少し不安だったことがありまして、それはカートリッジの直径が太くなる問題です😅

CB6PB JF-45N 比較写真 縦
横から見るとだいぶ太さが違います。
CB6PB JF-45N 比較写真 上
上から見るとそうでもないかな。

リクシルのJF-45Nは直径胴体部直径9センチ、マルチピュアのCB6PBは胴体部直径13センチなのでかなり大きくなります。

そのためカートリッジを固定しておく金具?にきちんと収まるかなと心配していたのですが、結果問題なくつきましたので安心しました😁

ちなみに我が家のキッチンはグラフテクト社のデュエタイプのキッチンです💁🏻
シンク下の引き出し扉も問題なく閉まりましたので同じキッチン仲間の方の参考になれば幸いです💯

グラフテクト キッチン デュエ
グラフテクトのデュエタイプのキッチンです。

写真のペンダントライトやカウンターチェアについても記事を書いておりますのでよろしければそちらもご覧頂けますと嬉しいです😌✨

カウンターチェア -カリガリスFiftiesCS2006-
我が家のキッチンカウンターのカウンターチェアとして採用したカリガリス社のフィフティーズCS2006のレビュー記事です。カウンターと座面の高さとの相性、見た目のバランスなどについて書かせて頂いたおります。
キッチンペンダント - オーデリック OP252851BC -
我が家に導入したキッチン(グラフテクト:メルクリオ色)に採用しましたペンダントライト、オーデリックのOP252851BCについてのレビュー記事になります。特徴的なキッチンの色に合う照明器具選びの参考になりましたら幸いです。

試飲してみました

カートリッジを無事交換し説明書にありました20分間の通水も完了させましたので、早速試飲を行いました😌

リクシルのお水も交換前にコップにとっておきました。

交換前にとっておいた、リクシルのお水との比較です👀

リクシルのカートリッジは約1年使用してきたものなので純粋な比較は出来ておりません。

それを踏まえて聞いて頂きたいのですが、マルチピュアに交換しお水の透明度が上がったことにまず驚きました😳

写真では分かり辛いと思いますが、妻と二人で見てお互い変わったと意見が一致したのでその点は間違いないと思います😁

気になる味ですが、透明度と比例するようにすごく綺麗な味がします。

私は生まれも育ちも田舎でとても山深いところで育ちました。

そんな山深い実家では近所の山で湧水が沸くところがあり、よく遠方からその湧水を汲みにきている方がいるのですがそこで取れる水の味と良く似ています。

雑味がなく、透き通った味っていうと伝わるでしょうか?👀

浄水カートリッジは何かを足しているわけでなく不純物を取り除いているだけなのに、水ってこんなに味が変わるんですね。

本当に驚き感動しました😳

きっとこのお水でご飯を炊いたり、料理を作ったりしたらとても美味しいと思います💯

感動したので、褒めちぎってますがこの味がいつまで持つのかはまだ分からないので最長2年持つのかを含め経過を見守っていきたいと思います😁

ただ交換した直後の現時点ではとてもおすすめ出来る浄水カートリッジだと思います💯

¥15,400 (2022/02/18 20:15時点 | Amazon調べ)



こちらの浄水カートリッジを製造しているマルチピュア、カートリッジ意外に浄水器も販売しているようです。
こちらも魅力的ですが家では高くて買えないのでお金持ちの方どなたか買って試してみてください🙇💦

本日も最後までお読み頂きありがとうございました🙇

ここな ぽんぽこバイバイ
ぽんぽこバイバイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました